RC走行記録inROCKET SUMMER

マシンよりドライバーを軽量化しなきゃ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

終わった人達の宴~俗・リアル痛車レース参戦~

前回、09年1月に「リアル痛車レース」が開催されてから早8ヶ月。
僕は東京への転勤直前だったため、
「次回が開催されれば遠征します」
とブログに書いておりましたが、その通りとなりました。
珍しく有言実行です。

というわけで、とこや3主催「俗・リアル痛車レース」前回に引き続き参戦です。
今回は、前回参加できなかったスタリオンさんと大福丸さんも一緒となり、
チームねこぢゃらしのメンバーが3名という、最近では稀な高出席率となりました。

091012-1.jpg

今回は参加者50名以上、車両数は70台を超えてます。
(クラスは1クラスのみですから、レース参加車両は参加者と同数です)

今回は特別目立ったマシンが無いようでしたが、全体的にレベルが上がっているような気がします。
今後はモニター搭載が流行の兆し?

で、僕達のマシンはというと・・・

091012-2.jpg

右からスタ兄さんのスープラ(マクロスF)・大福丸さんのA112(マクロスF)・僕のCR-X(ゼーガペイン)
となっております。
お二人のマシンはキャラのイメージとボディのカラーをうまく合わせてあり、
作品とボディに対する愛を感じます。
僕のボディは・・・マイナー路線の宿命です・・・
好きなんだけどなぁ・・・

091012-3.jpg
スタ兄さんのスープラwithシェリル
オフセットされたナンバー、凶悪なウイング、そしてエロピンク!
ボディのインパクトもさることながら、小技が効いていてさすがの出来です。

091012-4.jpg
大福丸さんのA112withランカ
ご自分で描かれたイラスト、一見しただけではその魅力は分かりません。
いつもながら驚きです。
A112という選択も渋いです。

というマクロスFにドはまり中のお二人のマシンに対し、僕はと言えば、
091012-5.jpg※不覚にも自分単体の写真が無かった・・・
CR-Xwithカミナギ&シズノ
マイナーですが、好きな作品なので、作っている工程は楽しかったです。
分かる人だけ頷いてくれというメッセージ性を散りばめましたが、皆無だったようです。


で、一応メインのレースについては、
前回はレースメインに考えている人が少なかったらしく、僕でもBメインという成績でしたが、
今回は比較的レースに主眼を置いている人も多かったらしく、
下位メインでも激しいバトルが展開されて、レースも見ごたえがありました。
前回はコンデレとレースが8:2のイメージでしたが、今回は5:5くらい?
やはり低速レギュレーションと、事前に最適なタイヤが公開されていることが大きいと思います。

3人の結果としては・・・
正直、誰が何着でゴールしたのかさっぱり分かりません。
各人のヒートが見事に分かれたのには笑いましたが・・・
ただ、3人とも白熱のバトルを展開できたので、やってる方も見ている方も楽しいレースだったと
思います。
緊張感もなぜかいつも以上でした。

そしてレースの後には抽選会。
今回も何というか、帰る途中で事故に合ったら色んな意味で大変そうな景品がテンコ盛りでした。
僕はツーリングのボディを頂きましたが、これってスタリ(ry

今回はレース用に新たにボディを製作しましたが、
痛車ボディを作っていると、なんだか、普通のボディ作るのがつまらなくなります。
というかこれが既に痛車10枚目だった・・・
関東でのレース活動は普通ボディで行くつもりですが、いきなり路線変更の予感?

自分がどんどんダメになっていく事が良く分かるレースでした。

スポンサーサイト
  1. 2009/10/13(火) 20:12:27|
  2. A210SS
  3. | コメント:0

気持ち良い日とやっちまった買い物

※完成間近の文章を、ふいの事故で消してしまいましたので、今回の記事はグダグダしてます。

先週の土曜日、用事があったので愛知県に戻っておりました。
戻ったらやる事はひとつ、A210持ってツインリンクへGO。
8月にイエサブで辛酸を舐めさせられたこのマシンですが、
スタ兄さんから別のタイヤをお借りしたところ、挙動が激変!
無茶苦茶走らせやすいじゃないですか!!
例えるならば、ファイアフォースを走らせた後のF103みたいな感じ。
あまりの気持ち良さにヨダレが出そうになりました。

セッティングはドノーマルのままなのに・・・
というか、キット付属のターンバックル、普通のレンチじゃ回らない?
3.5mmも4mmも合わないんですけど、どうなってんだこれ?

というわけで、久しぶりのツインリンクでの走行(ダベりが9割)を堪能したわけですが、
ボディが早くもくたびれてきました。
今載せているA112はお気に入りなので、使用不能になる前に交換したい・・・
というのは言い訳で、今年の1月に開催された某レースの第2回に参加するため、
新しいボディを作らねばなりません。
もう2度と、あんなボディは作らないと心に誓ったのに・・・

で早速購入してきました。
やっちまった・・・

左のはスタ兄さんから頂いたFIATアバルトボディ。ムチャ格好良いっす・・・
これを餌食にするのはある意味、漢ですが、なんかバチが当たりそう。車の神様に怒られそう。
なのでフィアットは真面目に作ろう・・・
実際の餌食は右のCR-X。いくつもあるのは、別に何台も作るわけではなく、注文していたのを
忘れていて、別の店で買ってしまったためです。

ボディとネタは決まりましたが、素材とデザインは未だ手付かず。
ドリパケコンバもプラモデルも当分はそっちのけで、ボディ作るしかなさそうです・・・
  1. 2009/09/08(火) 21:01:11|
  2. A210SS
  3. | コメント:0

練習

転勤してから早半年、RCをイジる機会はめっきり減り、レース参加数もガタガタに落ち込んでいます。
現住所の近所では、車で30分くらい走ったところに室内サーキットがあるのですが、
転勤後3月に行ったっきり、それから一回も走らせていません。

そろそろ走らせないと、色んな事を忘れてしまいそうなので、ドリパケの制作そっちのけで、
これまた6月のレース以来触っていないA210SSを引っ張り出し、
練習走行に出掛けました。

セッティングは前回のミニファンミーティングの時のまま、と言うかドノーマル。
タイヤもとりあえずはキット標準のままですが、これがいけなかった。
どうやってもリアグリップが稼げず、トラクションを少しでも抜くと制御不能に。
屋内サーキットでグリップが高いので、挙動がピーキーで操れません。
結局終わりがけに、店員さんにオススメタイヤを聞いて購入してきたので、
それを履いて次回再トライ予定。

僕が今回行ったサーキットは、月一で定期レースを開いているとのことだったのですが、
540&ギア比自由のレギュレーション。
今回の僕は35T&ギア比4.7であり、平均ラップタイムから+4sec程度離されていたため、
このままでは、おそらく勝負になりません。
店員さんの申し出を丁重にお断りしつつも、そのうち出てみたいなと思っております。

それにしてもこのA210というマシン。前回のレースがシェイクダウンで、しかもまともに走っていなかったため、
今回初めて普通に走らせたわけですが、確かに持っているポレンシャルは非常に高そう。
でも、それ以前に、全体的に部品の精度が低いような気が・・・

色々見直す必要がありそうなので、これからコイツと走るためには幾多の試練が待っていそうです。
  1. 2009/08/31(月) 22:50:51|
  2. A210SS
  3. | コメント:0

遠路はるばる・・・Ⅱ

事前のセッティングはおろか、テスト走行すら無く当日シェイクダウン。
この事実から導き出される結果は当然と言われても仕方の無いものでした。

今回が2回目の開催となる、RC雑誌社主催のミニシャシーオンリーレースに
参加してきました。僕自身は初参加です。
M-03はもちろん、各社のミニシャシーが集まるイベントなので、
見ていて非常に楽しいレースでした。
特にボディの多様さは、こんなにもM用ボディって種類があるんだと
再認識させられる程多く、見ていて飽きませんでした。

僕自身は、アト○スのAB-112ボディとアクティブのA210SSで参加しましたが、
ビアンキボディでの参加は全く無く、会場でも持ってきている人自体が少ない様子でした。
実際、他の参加者の人から、
「完成しているボディを見たことが無い」と言われるほど塗装が面倒くさく、
当初はラリー仕様のレプリカを予定していましたが、即座に断念させたほどでした。
全体的なフォルムは気に入っているのですが、ドアのモールド等の細部は・・・
窓や他の部位用のマスキングシートも同梱されていますが、
正直言って、全く役に立ちません。
窓のマスキングはボディのモールドと合っていないため、そのまま使用しようとすると
どうしても窓の大きさが不自然になってしまいます。
そのくせ、フロントグリルのマスキングシートが付いていたりと意味不明です。
シートの面積と比例してステッカーの値段も上がるそうですが、せめて窓枠の
ステッカーは欲しいところでした。
シートと外装(箱は店に捨て置いてきました、トヨカワホビーさんごめんなさい)
を無くしてコストダウンを図って欲しいところです。
ちなみに、僕は購入時に捨ててしまいましたが、キャリングケースにも使用可能と謳われている
外装箱、ボディが入らず膨らんでいるわ、ペラペラで耐久力は無さそうだわ、
取っ手が無いわで、あまり利用価値はなさそうでした。

090607-1.jpg


ボディのインプレはこのくらいにして、レースの内容ですが、
僕が参戦したのはAWDで参加できる一番ノーマルなオープンクラスで、
モーター35T指定、空力ボディ禁止以外は特にレギュレーションがありません。
僕はギア比フリーのレースに参加したことが無いため、わざわざギア比表まで作って
いくつにするか考えたのですが、takuさんのテストレポートを見て、
キット標準で行くことにしました。A210SSの標準は確か4.7くらいだったと思います。

シャシーは今回がシェイクダウンという、まっさらな新品でOP等は組まず、
フルノーマル&説明書通りのセット、という状態でした。
タイヤもキット付属の物を使用という徹底ぶり。というか、選らぶ基準が無かっただけですが。
テスト走行ではかなりクイックですが、難なく走ってくれました。
やはり評判通り、戦闘力の高さを感じます。

レース自体は3分間の予選と、マーシャルが居ない&コース上障害物というサバイバル、
そしてコンデレポイントを組み合わせた合計点数順による決勝という形でした。

まず予選ですが、
速い人は予選3分間で11周くらいでしたが、僕は5週目あたりでバッテリーダウンでリタイア。
マシンセッティングの参考にもならないレベルです。
次のサバイバルは、これまたレーススタート直後に異常発生。
どうやら前輪が駆動していない様子で、コーナー立ち上がりのアクセルオンでクルクルスピン。
結局スロットルを大幅に絞りなんとか時間中走ったものの、
平均の半分くらいの周回数でした。
レース後、シャシーを見てみると案の定、フロントスプールのベルトカバー?が外れ、
フロントベルトが横にずれて外れていました。
カバーはスプールに“パチッ”と止めるだけなので、衝撃には弱いようです。

決勝はDメインまで有り、僕はCメインでの参加となりました。
コンデレポイントに助けられたようですが、Dメインは実質、主催者やスポンサー参加者が
多く含まれているようだったので、一般参加者にとってはCメインが最下位メインのようでした。
僕は11番グリッドという後方2番手からのスタートだったのですが、
スタート一週目、いきなり左フロントがロックしてしまい、改善されないままジ・エンド。
そのままリタイアしました。

全体的に見ると、まさに「何しに来たのか分からない」状態です。
残ったのは日焼けの後だけ。
それもこれも、自身の準備不足が招いた結果なので、仕方が無いのですが、
レース全体を通しては、少々納得のいかない部分がありました。

会場は、大きな公園の駐車場を借りており、開催前のアナウンスでもその旨連絡され、
コース以外での走行が禁止されておりましたが、
ちらほら走っているわけです、その辺で。
一般の参加者が走らせているのも、もちろん問題だと思うのですが、
某スポンサーのテント前で、ドリフト車が元気良く走っていたのには唖然です。
しかも、運営本部テントのすぐ近くのため、人通りが比較的激しい場所で、です。
実際、テントの前を何往復かしましたが、止める様子も無し。
暇潰しなのか、自社製品のPRなのか知りませんが、僕から見ると全くの逆効果です。
もうあそこの製品買わねぇ。


と、僕にとっては色んな意味で勉強になった今回のレース。
当日はホングウのEPラウンドが開催されており、
「EP出ろよ」とお誘いも受けていたわけですが、終了予定時刻がホングウよりも早かったため、
帰りも早くなるだろうと考え、こちらのレースを選択しました。
こういう遠征レースもたまには良いけれど、やっぱり通い慣れた所で
皆とのんびりレースがしたい。
って、ホングウのレースに参加するのも十分遠征ですね、今や・・・
  1. 2009/06/09(火) 18:53:04|
  2. A210SS
  3. | コメント:2

参戦予定?

ここ最近、全くRCに触れてません。
慣れないサーキット環境&生来の出不精が災いして、ずいぶんと遠のいちゃってます。

が、takuさんから紹介されてミニファンミーティングへの参戦を検討しております。
マシンは購入してから3ヶ月、未だシェイクダウンすらしていないA210SS。
シャシーはある、メカも揃えてあるから後は乗せるだけ。
しかし、ボディは新しく作らなければなりません。
当初はA210SSのキットに付属していたランチアストラトスのボディを加工して、
ストラトスターボにしてやろうと一人ほくそえんでいたわけですが、

え?出るの?シルエットフォーミュラ?ストラトスの?

てことで、やる気完全喪失でそのまま放置しておりました。

が、(2回目)上記のミニファンミーティング参戦で一念発起。
さっそく久々のボディ検討に取り掛かったわけですが、
ターボに改造するのは面倒くさいが、カラーリングは標準のアリタリアカラーでは面白くない。
takuさんからはピレリカラーの要請が出ておりましたが、それもメジャーなので、他のカラーに。
で、(私の)A210SSデビューレース(予定)ということに引っ掛けてマルボロカラーにしようかと。

よしよし、題材も決まった。資料も集まった。
早速製作しようかな、とアクティブのボディを引っ張り出すと・・・

テールの、スポイラーが、一体成形・・・

ルーフスポイラーは別体なのに・・・

あ~も~、どうしてくれよう!!

ホント、よくよく見ると非常に残念極まりないボデ~です、これ。
スポイラーは仕方が無いとしても、ライトポッドはカバー付きの形状で一体成形されてるし、
フロントのリトラヘッドライトは無いのに、リア用のライトカップだけ付属してたりとか。
でも致命的なのは、やっぱり全体のプロポーショ・・・

大人しく別のボディを捜します・・・
  1. 2009/05/12(火) 22:13:53|
  2. A210SS
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

S.V.

Author:S.V.
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。